日本の将来を担うべきベンチャーが企業として健全に発展して行けるよう支援します


監査法人A&Aパートナーズ
パートナー・公認会計士
笹本 憲一


1951年 和歌山市出身
1977年 日本大学経済学部講師就任
1980年 監査法人中央会計事務所入所
1999年 代表社員就任(当時の法人名は中央監査法人)
2007年 監査法人A&Aパートナーズ代表社員就任

支援内容

・将来上場企業としてやっていけるように「社長と伴に健全な会社を創っていく」のが私達の役割です

ベンチャー支援にかける想い

ベンチャー支援を通じて産業界に革命を起こすような会社の誕生と成長に寄与したい

所在地

東京都中央区日本橋1-16-11 日本橋Dスクエア2F

コーポレートサイト

http://www.aap.or.jp

得意な業種

広範囲の業種の上場を支援しています。
(例)製造業、小売・卸売業、飲食業、IT・ネット関係、バイオ・医療関係、不動産業、ソフトウェア関係その他

得意な会社規模

・スタートアップ期(創業期、設立初期)
・アーリーステージ(成長前期)
・ミドルステージ(成長期)
・レイターステージ(公開直前期)
・上場ステージ(公開後)

取得資格

公認会計士・税理士


 
─ベンチャー支援の内容と特徴を具体的に教えてください。

私達監査法人A&Aパートナーズは株式上場(IPO)を目的としたベンチャー支援を行います。私達の本来の業務はベンチャーが上場する為の「会計監査を実施する」ことですが、ベンチャーは資金、人材、信用等多くの面で会社経営上の課題があります。従って私達はこのような課題の解決に向けて社長と伴に、一緒に知恵を絞り、会社を「監査法人の監査を受けられるレベル」までレベルアップすることに注力します。そのため会計監査やディスクロージャーに対する指導・助言に限らず、コーポレートガバナンスやコンプライアンス等に関わる事項についても、上場審査に向けて万全の体制作りと健全な組織運営のためのアドバイスを実施して行きます。


─ベンチャー支援をする上で、「一番大切なポイント」を教えてください。


私達は監査法人としてベンチャーが上場する為の支援を行いますから、そのベンチャーが上場できる会社かどうかが一番重要となります。そのポイントは①世の中の役に立つビジネスであるか②社会のルールとマナーを守る強い意志を持っているか③将来成長する可能性が大きいか④上場後一般投資者に配当する為の必要な利益を生み出していけるか、等です。上場だけがベンチャーの成長手段ではないでしょうが、上場による資金調達や知名度・信用力の向上等、上場によるメリットは会社の発展に大きく寄与します。私達は上場して大きく飛躍したいという社長の志を尊重し、会社が健全に発展するよう監査法人として強く支援します。


―伸びるベンチャーを見極めるポイントを教えてください。
  Point 1   ①社長の資質
  Point 2   ②従来型のビジネス(ライフ産業等)の場合
  Point 3   ③新規性の強いビジネスの場合
  Point 4   ④研究開発型のビジネスの場合
  Point 5   ⑤全てのビジネスモデルに共通する事業リスクへの対応

Point 1 詳述 :  ①社長の資質

・自らの事業に対する強い情熱を持っているか
・周りの人々に対する感謝の気持ちを持っているか
・社会のルールやマナーを守る強い意志をもっているか
・なによりもツイテいる人か

Point 2 詳述 :  ②従来型のビジネス(ライフ産業等)の場合

・商品やサービス内容が同業他社と差別化されているか。その度合いは強いかどうか。
 特に競合を凌駕するための価格競争力は強いか。
・市場の大きさやその成長性に関し、国内に限らず海外での市場も視野に入れているか。

Point 3 詳述 :  ③新規性の強いビジネスの場合

・世の中が強く必要としている事業か。そのニーズは長く続きそうか。
・ニッチな市場を占有する為に大企業を上回るスピードのある経営が出来るか。
・利益の上がる事業展開が可能か
・販売戦略は十分検討されているか

Point 4 詳述 :  ④研究開発型のビジネスの場合

・開発完了の見込みはどうか。どれくらいの時間が必要か。どれくらいの完成度合いで事業化する計画か
・開発までの資金の手当ては大丈夫か
・新製品等の事業性―価格競争力や競合製品との優劣―はどうか
・周辺技術から突出していないか(―関連部品、ハード装置その他に対して)

Point 5 詳述 :  ⑤全てのビジネスモデルに共通する事業リスクへの対応

・事業が法令や公序良俗に反する虞は無いか
・法令の改定や社会情勢の激変により事業に大きな影響を受ける虞は無いか
・税務・労務・情報管理等コンプライアンス面への対応は十分か
・売上等事業の重要部分につき、特定の外部企業等への依存度が大き過ぎないか
・不測の事態に対する事業継続の方法が検討されているか


─これまで行ったベンチャー支援のケースを教えてください。


私達がこれまで上場支援をして上場した主なベンチャーは次の通りです。
①マザーズ
 ・C社…半導体チップのインターネット販売
 ・A社…検索エンジン関係のコンサルティング
 ・AC社…携帯電話用ミドルウェアの開発販売
 ・E社…ソフトウェアの開発・販売
②ジャスダック(現東証)
 ・H社…自然派化粧品の多店舗販売
 ・AD…ハードメモリーの製造販売
 ・Y社…携帯電話用マッチドフィルターの開発販売
 ・M社…アニメ音楽のCDやTVゲームソフトの開発
 ・S社…高級マンションデベロッパー
 ・M社…高レベルのTVカメラの開発販売
③大証ヘラクレス(現東証)
 ・S社…営業コンサルティング会社


 
会計&監査プロフェッショナル用語辞典 改訂第2版
財務3表の基礎用語からIFRS(国際財務報告基準)の最新キーワードまで、ビジネスの現場で役立つ会計・監査の重要用語を、実務に精通したプロが平易に解説。
(『プロフェッショナル用語辞典 会計・監査』(2009年4月刊)の改訂版。IFRS(国際財務報告基準)の最新用語などを中心に、コンテンツをアップデートしました)。株式上場には会計監査は必須であり、公認会計士との会話の中で知らない専門用語等が出てきたときなどにご利用下さい。
経済・経営用語辞典
経済・法律・会計などの分野では経営者が日ごろ接しない専門用語が多数出てきます。また新聞や雑誌等でもよく分からない専門用語が記載されていることもあるかと思われます。このような時広い分野の専門用語を1冊にまとめた本書をご利用下さい。


※このサイトの掲載情報については取材先の企業から提供されているコンテンツを忠実に掲載しております。ユーザーは提供情報の真実性、合法性、安全性、適切性、有用性について弊社(イシン株式会社)は何ら保証しないことをご了承ください。自己の責任において就職、転職、投資、業務提携、受発注などを行ってください。くれぐれも慎重にご判断ください。
 
COPYRIGHT(C) 2008 ISHIN. All Rights Reserved.