プロジェクト・マネジメントとは、
目標達成の技法



プラネット株式会社
代表取締役社長
中嶋 秀隆


・1949年 岩手県宮古市出身
・1978年 国際基督教大学大学院修了
・1979年 京セラ入社
・1982年 インテル入社
・2000年 プラネット(株)設立

支援内容

「プロジェクト」を切り口に、企業の事業成功を支援、コンサルティングを提供

ベンチャー支援にかける想い

世間の風は冷たい。
だが、ビジネスは周到な準備と計画で成功できるもので、成功の喜びは大きい。  これが経験から得た実感であり、志あるベンチャー企業を応援したい。

所在地

東京都千代田区永田町2‐10‐2 TBRビル201

コーポレートサイト

http://www.planetkk.net

得意な業種

・製造業 ・サービス業 ・物流 ・小売業

得意な会社規模

・アーリーステージ (成長前期)
・ミドルステージ (成長期)
・レイターステージ (公開直前期)
・上場ステージ (公開後)

取得資格

PMP (Project Management Professional)


 
―ベンチャー支援の内容と特徴を具体的に教えてください。

ベンチャー企業の各ステージで、打ち手が効果をあげ、成功を確実にするための手法をご紹介し、具体的に支援します。

クライアント企業は「自ら目標を立てて仕事ができる人材を育成したい」、「業務プロセスを可視化し、業務の効率化を図りたい」などのニーズを持った企業が中心です。これまでに当社の研修を導入した企業は約150社あり、その受講者は過去11年間で2万人を超えています。また、当社が毎月開催している公開セミナーも通算130回を超え、その参加者数は国内トップを誇っています。


―ベンチャー支援をする上で、「一番大切なポイント」を教えてください。


「世間の風は冷たい」ことをトップの方に理解してもらうこと。それでも成功するために、トップは好かれる必要はないが、効果的でなければならない。ベンチャーを支援する上では大切なポイントだと思います。


―伸びるベンチャーを見極めるポイントを教えてください。
  Point   設立の志が強く、しかも明確であるかどうか

Point  設立の志が強く、しかも明確であるかどうか

まずトップの方の設立の思いを聞きます。強い「思い込み」があり、でこぼこ道を歩き続ける胆力があるかです。次に、気持ちがオープンで他の人の協力を得られるタイプか。他の人の意見や新しいアイデアに耳を傾け、成長と進化を続ける姿勢があるか。その上で、ビジネスモデルを吟味します。



―これまで行ったベンチャー支援のケースを教えてください。


あるベンチャー(製造メーカー)を支援した時のことです。トップから社員にいたるまで、全員が体力の限界までがんばっているが、思うような成果がでない、という状態でした。私どもが研修を提供し、本来の仕事のやり方を“段取り”を中心に紹介しました。

その結果、仕事のプロセスが「見える化」され、納期、予算、品質のパフォーマンスが各段に向上しました。現場の仕事を社員に安心して任せられるようになり、トップは本来の仕事である将来への布石を打つことに注力できるようになりました。同様の効果は、既存の大手企業(1部上場)でも見られます。


 
PM プロジェクト・マネジメント
十人十色のプロジェクト・マネジメントから脱し、科学的で使いやすい、グローバル・スタンダード(世界標準)としてのプロジェクト・マネジメントの手法を紹介。PMI(プロジェクト・マネジメント・インスティチュート)が定める9つの分野と、ISO10006で示す10の手順を踏まえ、事例や演習をまじえた、10のステップでわかりやすく解説。
死ぬ前に達成すべき25の目標
慌しい毎日。勉強や仕事の目的が何であるかがわからなくなることがある。ふと、立ち止まって「何のためか」を確認してはどうか。本書は自分と向き合うための本。あなたが自分で探し、自分で決めなければならない人生の目標について考える。「人生はビッグ・プロジェクトである」をベースに、プロジェクト・マネジメントの手法や考え方を駆使して、あなたのライフ・マネジメントを整理、再認識できるだろう。


※このサイトの掲載情報については取材先の企業から提供されているコンテンツを忠実に掲載しております。ユーザーは提供情報の真実性、合法性、安全性、適切性、有用性について弊社(イシン株式会社)は何ら保証しないことをご了承ください。自己の責任において就職、転職、投資、業務提携、受発注などを行ってください。くれぐれも慎重にご判断ください。
 
COPYRIGHT(C) 2008 ISHIN. All Rights Reserved.